クライアントとのやり取りはとことんやったほうがいい【でも疲れる】

Webライター日記

Webライターとして働いていると、仕事の進め方やクライアントの指示に疑問を持つことは稀によくあります。

最初の頃は「黙って従おう」「向こうが気づいてくれるやろ」と思っていました。が、今はわからないことや不明点はガンガン聞くスタイルに変えました。

その方が、記事の品質や連絡関係が良い方向に転ぶことが多かったためです。

今回は、あひるの経験談からくる「クライアントとのやり取り」や「処世術」を、自戒を込めて記事にします。参考になるかはわかりません。

あくまで「主観です」「個人の感想です」と逃げ道を作っておく←



面倒くさいけどやりあったほうが後々楽

クライアントとのやり取りは緊張します。なるべく波風立てずに過ごしたいのは私も同じです。

ただ、一方的な解釈や恐怖で進めるとデメリットが多いのも事実。

同じ人間同士、ビジネスの思惑の違いで連れ違うことは多いです。なのでそこを許容しつつ、「お互いが」将来的にスムーズに動けるようにしたほうがプラスになります。

後で確認するとより面倒くさいことが多い

お互いが勘違いしたまま作業を進めると、後の修正が面倒くさくなります。ほんのちょっとした違和感が何時間もの修正になることも。

とくに、細かいレギュレーションがないクライアントの場合、伝えていないだけだったパターンもありました。

今までであった指示なし
  • 体言止めが禁止だった
  • マニュアルが古く最新のものと差異があった
  • 記事構成のテンプレがあった
  • 画像入れやサイズの指定があった
  • ディレクターごとで指示が違う←ちょっとやっかい

「あのときめんどくさがらず聞いておけば……!」と何度思ったことか。

ただ、基本的にSEOライティングやリサーチの基礎さえ押さえておけば、そこまで大きな間違いにはならないはず。

  • PREP(プレップ)法:結論・理由・具体例・結論の順
  • 正しい文章:誤字脱字や文章ねじれなし
  • 一次情報の参照:国・公的機関・専門家のページからの引用

このあたりはどの仕事でも共通です。

それで離れるならそれまで

クライアントとの相性もあるので、離れたらそれはそれでの精神的に楽だと思います。お互い気持ちよく仕事するためにも。

でも「次の仕事が取れるか」「評価が下がるかも」という気持ちはわかる。とくにクラウドソーシングサイトだと評価が数値に出る分、不安は大きいと思います。

なのでやり取りをする前に、必ず「自分でやれることはやりきったか」どうかの確認が大切です。

悪い言い方をすれば、「自分に否がないことを証明してから聞く」でしょうか。

向こうもお仕事中です。不快な気持ちにさせないためにも、自分で可能な限り調べてから、やり取りすることをおすすめします。

【自戒】やり取りや質問前に「自分はやることやったか」を問いかけるべし

クライアントとやり取りする前に、まずは深呼吸。

そして、以下の項目の確認がおすすめです。

先にこれの確認おすすめ
  1. レギュレーションやメッセージに答えが書いてないか?
  2. 掲載サイトや参考元の記事はちゃんと読んだか?
  3. 書く前にその記事の目的は明確になっているか?
  4. 文句言えるほど100%の仕事はしたか?

これらは私もよくやるポカなので、今ものすごい自戒の気持ちで書いてます。

順番に見ていきましょう。

レギュレーションやメッセージに答えが書いてないか?

私の経験談ですが、疑問の答えは過去のメッセージやレギュレーションに大体載ってます。見逃しの可能性は結構高いです。

記事チェックを担当していたときも、ライターさんのレギュレーション漏れは結構多かった。

前にメッセージに書いた
他の記事をざっとでいいから目を通して……

という気持ちに何度もなった記憶あり。なので自分に置き換えた場合、まず落ち着いて確認すべしですね。

レギュが細かいとか言わない。いや気持ちはわかるぞ

本当に書いてなかったらどうすんねん

本当にメッセージやレギュレーションに答えが書いていないケースもあります。そんなとき素直にわからない旨を伝えるのがおすすめです。

レギュレーションに載っていないのですが…
過去のメッセージを遡ったのですが……

という感じで、「ちゃんと確認しました」アピール。精神的に優位に立てます。

ただし、本当にレギュレーションやメッセージを穴が開くほど見てからにしましょう。

確認したら、大体は普通に教えてくれます

クライアントの指示や記事の目的がわからないときは

クライアントの依頼意図がわからず、うんうん唸ることも稀によくある。私はコミュ障なので、相手の気持ちを察するのが超苦手です。なので、嫌われ覚悟で「どういう意味ですか?」と聞くようにしました。

ここは聞いておこう
  • 「ここ違う」などの抽象的指示しかない
  • というか指示自体がない
  • それは言ってること違うくね?と思うメッセージ
  • 逆にレベル高すぎて一発じゃ理解できないほど難解
  • 単純によくわからなかった

混乱が深まる前に聞いたほうが早いです。意思疎通できていないと記事の品質に影響します。これ書き直しとか言われるかもしれない。お互いに不利益です。

わからないことは素直に聞いてくれた方が、向こうの負担も減ります。指示の二度手間や編集作業の負担が減るので…。

意見をくれる人は嬉しい」というクライアントも。(本心はわからん

ただ、もし質問して高圧的な態度取られたら、さっさと見切りつけた方がいいかもしれません。

掲載サイトや参考元の記事はちゃんと読んだか?

トンマナや細かいレギュレーションがわからない場合、掲載予定のサイトや参考元の文章や装飾を丸パクリすれば大筋は合わせられます。

質問する前に、掲載サイトの記事や参考元の記事を見るべきです。サイトの文体やトンマナ、構成の流れが掴めます。

私もテストライティングのときはよく記事を模写します。時間ないときは導入文と見出し1つ分だけとか。

とくにレギュレーション読み込んだあとに模写すると、すっと頭に入って記事が書きやすくなるので。(時給効率はクソ悪い

もし掲示がなかった場合は、一度クライアントにお問い合わせをしてみてください。それでもダメな場合は……マニュアル読み込みですね。

書く前にその記事の目的は明確になっているか?

「この記事は何がしたい記事なのか」はハッキリさせといたほうがよいです。

例えば、考えられるのは以下の通り。

  1. 読者に情報を伝える記事なのか(SEO上位表示)
  2. クライアントの商品を売りたいのか
  3. 自分の体験談をガンガン入れてほしいのか

クラウドソーシングだと大体は1番かなと。「検索した人が欲しいと思った情報を載せる」記事です。

もしこの意図で「クライアントの商品を売りたい」と勘違いすると、情報より「他のサービスとの比較」や「商品メリット・デメリット」の話になって構成が変わってきます。

構成段階でバツが付けば良いですが、執筆してから「違うんだけど……」と言われたら、お互いに阿鼻叫喚です。

あと、コラム記事も別。SEO記事なのに体験談オンリーだと、これもクライアントの意図とズレるので注意です。

例えばすでに掲載元に多くのユーザーが訪問している場合、SEO上位表示を狙う必要がないケースがあります。なのでバリバリの体験談を求めているかもしれません。

記事の目指すべきゴールは、最初に確認をおすすめします。

文句言えるほど100%の仕事はしたか?

依頼内容に文句だけ言うものの、求められた仕事や連絡の基本を守っていないケースは論外です。

  • 指示に従わない
  • 記事の品質が悪い
  • レスポンスが遅い

継続依頼にも関わってくるので、ビジネスパートナーとしてのマナーは押さえておきましょう。

逆に相手側がそうだった場合、こちらが継続するかどうかの判断の材料になります。

【補足】利用規約や著作権法など

クライアント側が明らかにクラウドソーシングの利用規約違反や著作権法違反している場合はガンガン突っ込みましょう。100%こちらに否はないので。

自信がないときは自分で調べる、もしくはTwitterで同業者に相談することをおすすめします。皆さん、初見でも相談にのってくれるので。

ただ、「時間を取って頂く」ということを忘れず、謙虚な気持ちで聞いてくださいね。

▼利用規約(直接契約)についての個人的な感想▼

クラウドソーシングから直接契約・直接取引への移行は規約違反ですが……

クラウドワークスでの直接契約違反は「ぶっちゃけわかり辛いよね」というお話

精神持ってかれるけど頑張ってください…!

クライアントとの議論は精神がもってかれます。こちらやクライアントの是非に関係なく。

やりたくないです。ホントやりたくないです。

ただ、お互いによりよい仕事にするためには、時に必要は作業です。

…しんどいですが、お互い頑張りましょう。平和に生きてぇなぁ…。

Webライター 高卒 クラウドワークス

【雑記】Webライターも基本ができれば少しだけ突き抜けられる

WebライターとTwitterの相性【利用するメリット・デメリット】