クラウドワークスのTOPプロクラウドワーカーに認定されました

TOPプロクラウドワーカーに認定されました Webライター日記

正直、手が届くと思っていなかった。

というわけで、私Webライターあひる、ついにクラウドワークスのTOPプロクラウドワーカーに認定されましたぞ。

とはいえ維持が大変そうなのですぐ外れそう。なので外れる前にさっさとブログ記事にしようと思った次第です。

クラウドワークスを利用して、約2年。高卒在宅クラウドソーシングライターも、紆余曲折あってここまで来ました~。



TOPプロクラウドワーカーの表示画面

TOPプロクラウドワーカー

輝くブラックカラー

上記な感じで、黒色の「PROCWTOP(TOP PRO CLOUD WORKER)」のマークが付きました。

プロフィールだけ見たら強そうじゃね!!??

ただ、「ぶっちゃけ収入そんなに行ったかなぁ…?」という感じは否めない。月収40万は行ってないと思うのだが…手数料や源泉徴収考えると30万は行ったのかもしれないですね。

(この記事にも書いた気がする⇒「【お金の体験談】「クラウドソーシングのWebライターって稼げるの?」の考察」)

他の条件はクリアしてます。TOPプロクラウドワーカーの条件は以下のとおりです。

TOPプロクラウドワーカー
  • 獲得報酬額月間最上位
  • 本人確認など規定項目登録済
  • 納品完了率90%以上
  • 総合評価4.8%
  • スカウト数5回以上
  • コミュニケーション能力4.8以上

※過去累計や過去1回以上

TOPプロクラウドワーカーの審査が「6ヵ月に1回」から「3ヶ月に1回」になったのも関係しているのだろうか?

もしかしたら、なにか別の条件を満たしたり引っかかったからなったのかも。

公式サイトにあるように、特例でプロ認定されることがあるみたいだそうで(逆に満たしててもアカンこともあるみたい)。

※条件を一部満たしていない場合でも、特例としてプロ認定される場合があります。※条件を全て満たしている場合でも、事務局が適切でないと判断した場合は、プロ認定されません。

(引用:プロクラウドワーカー【クラウドワークス】

なにか特別な仕事をしたわけでも、クラウドワークスの特別案件をこなしたわけでもないので、まあ報酬で認定されたのだと思います。

まがりなりにも私は2年クラウドワークスにお世話になりました。この2年間で昔いたTOPクラスの人は別のプラットフォームに移動したか直接営業に切り替えたのかもしれません。

運とめぐり合わせがよかったんだなーと。

ワイはまだまだお世話になる予定です。

あ、ちなみに認定されたときはこんな感じでメールが届きました。

▼ ▼ ▼

TOPプロクラウドワーカーの認定メール

普通のプロクラウドワーカーと変わらない感じ。

次は「認定外れましたメール」にならないよう精進します。


TOPクラス名鑑にも…載ったぞ!!

ちょっと憧れてました、TOPクラス名鑑に載るの。

証拠写真↓

TOP名鑑

下列左から2番目

……やっぱりちょっと強そう。

結構見知った方やTwitterで見かける方も多いので、なおさら光栄に思います。

いやいや、本当にここに載ってみたかったのよ。

(どれだけの人がこのページを把握しているかはわからないけど)

クラウドワークスで続けてきてよかったなーと思った瞬間でした。

一応TOP名鑑のページはこちら⇒TOPクラス名鑑【クラウドワークス】

高卒在宅ライター、ついにここまできたか……という感じ

思えば2年前にWebライターを始めたころは、「いつかTOPプロクラウドワーカーになりてぇなぁ……」と思っていました。

今回、行ける手応えも感じもなかった中、突然お知らせが来たのでびっくり。不意打ちとはいえ、TOPとして名前が並ぶのは大変喜ばしい限りです。

Twitterには独立して1ヶ月でなった人もいる模様。ヒエー。

こんな雑魚ステータスでブログやライターをスタートさせたやつでも、のんびりのっそり頑張ってご褒美を貰えたようです。

とりあえず、クラウドワークス発症の「強そうに見える称号」は2つコンプしたぞ。

  • TOPプロクラウドワーカー
  • Webライター検定1級(あと2級と3級)

これからもひっそりと、ライター続けていきたいと思います。明日も仕事やーー!!

【コンプリート】Webライター検定1級に合格やで|クラウドワークス

【Webライター】プロクラウドワーカーに認定|収入額や継続1年の感想