Webライターにおすすめ!文賢・コピペリン・デュアルディスプレイの使用感を解説

文賢 コピペリン デュアルディスプレイ Webライター日記

ぼっち系Webライター家鴨あひるです。@donotevergetold

当記事では、Webライターとして活動中の私が使用している、有料ツールや環境をご紹介します。

解説するのは、校正ツールの文賢とコピペチェックのコピペリン、そしてデュアルディスプレイの3つです。

ある程度お金をかけたので、その分快適なライターライフを送れています。

もし有料ツール関係やデュアルディスプレイの導入を検討しているのであれば、ぜひ参考にしてください。



使用しているのは文賢・コピペリン・デュアルディスプレイ

見出しの説明どおり、私が使っているツール関係は以下の3つです。

  1. 校正・校閲・推敲支援ツール:文賢
  2. コピペチェックツール:コピペリン
  3. デュアルディスプレイ

▲クリックすれば各見出しに飛びます

どれもややこしい使用感ではなく、わりと簡単に使えるツールなので結構重宝しています。

では、以下より順番にご紹介しますね。

校正・校閲・推敲支援ツール:文賢

【文賢】は、株式会社ウェブライダーが提供している、文章校正・校閲・推敲支援ツールです。

ウェブライダーと言えば、書籍「沈黙のWebライティング」でもおなじみですね。

ツールを開いてテキストを貼ると、以下のような感じで文章の校正・推敲すべき部分を教えてくれます。(10,000文字以上でもオッケー)

↓ ↓ ↓

文賢

拾ってくれるのは、主に以下の要素です。

  • 重複表現
  • 二重否定
  • 同じ文末表現の3連続以上使用
  • 50文字以上の文章の読点なし
  • 同じ助詞の連続使用
  • 1文に読点4つ以上
  • 開いた方がいい漢字

個人的な使用感としては満足。

文賢単体では拾いきれない部分も、Wordの校正機能や無料ツールennoなどと併用すればかなり広範囲をカバーできます。(私は3つ全部通します)

テキスト変換してくれるので、文賢に貼った後にコピー⇒Word貼り付けができるのも地味に嬉しいポイント。

細かい部分の誤字脱字は本当に減りました。それにツールで拾った場所は「次に書くときに意識すべき場所」なので、自然と自分の弱点が見えてくるんですよね。

文章表現支援と合わせて、文章力アップにもおすすめしたいツールだなーと。

文賢 文章表現

↑文章表現のアドバイス

ただ、文意がおかしいところや文章の流れが変な部分は拾わないので、必ず自分の目でも校正・推敲を行う必要があります。

お値段は安くありませんが、使いやすくて私は好きですね。初期費用10,800円プラス月額費用1,980円でお値段安くないですけど。

お金に余裕ある場合は、採用を検討しても良いと思いますよー。

↓ ↓ ↓
【文賢】はライターやブロガー、編集者、Web担当者など、あらゆる人のライティングを助けるために生まれた校閲・推敲支援ツールです

コピペチェックツール:コピペリン

最近導入したのがコピペチェックツール【コピペリン】。

株式会社サクラボが運営する、「サクツールズ」の提供商品の1つです。

実は導入する前にクライアントに納品した記事のコピペに引っかかっってしまい、反省して導入した次第…。

とりあえず私の使い方は、単に文章をコピペして貼り付け、チェックしているだけです。

他にもいろいろ使えそうですが、勉強はまた今度…(笑)

簡単な使用手順は以下のとおりです。↓

コピペリン

1.コピペリンを開き、テキスト貼り付けを選択、その後枠に文章をコピペします。(32,767文字まで行ける模様)

コピペリン コピペチェック

2.チェックした後は画面のように結果が表示されます。危ない文章は赤の警告色で教えてくれます。(以前投稿した自分の記事をチェックしたので、めっちゃ赤いです)

コピペリン 文章チェック

↑照合画面はこんな感じ。

精度は素晴らしいです。数十ページのURLから照合してくれます。

精度が強すぎて、無理くりコピペ判断してくることも(笑)

でも、めちゃくちゃ信頼できるコピペチェック。有料だし。

年間6,480円払ったし。

サクツールズ公式ホームページ

デュアルディスプレイ

PCと別ディスプレイのの2画面で展開できる、デュアルディスプレイ。

非常におすすめです。ライティングとリサーチの効率は2倍以上になりました。(体感ですが)

デュアルディスプレイ

↑デュアル召喚!通常召喚権を使っt…

本当におすすめです。画面切り替えで疲れないし、リサーチ元を見て整合性を取りながら書けるし。

「専用の画面とか必要なんじゃないの?」と思っていても大丈夫。

私はノートパソコンと普通のテレビを線でつないでるだけです。

ただ、専用の画面を買ったほうが見やすいんだろうなと思います。今のところは不便を感じていないので、私は当分このままかな。お金もないし。

まとめ

個人的には文明の利器はどんどん使っていいと思います。

自分のレベルアップにもなるし、クライアント様に納品する記事の品質も上がるし。

なにより不安やストレスが解消されるので、結果的に作業効率も向上です。

ただ、校正や推敲はしっかり勉強して、最悪ツールなしでも完璧にこなせるようにはしたいなーと思っています。

以上家鴨あひるのおすすめツールでした。

【文賢】

【コピペリン】

ライターを始めた頃から使っている便利グッズのご紹介記事です↓

【雑記】初心者ライターがおすすめする便利グッズ4選